i.lab i.lab

menu
2021.12.20 Media

創業10周年を迎えた i.lab。“第2章”のスタートに、新ビジョンを発表

イノベーション・ラボラトリ株式会社(本社:東京都台東区、代表:横田幸信、以下i.lab)は、2021年12月15日に10周年を迎え、それを機に、新しくビジョン・ミッションを策定いたしました。



 

[新ビジョン]

「ワクワクする閃きへ、スイッチ。」
私たちの、2025年に向けたビジョン(=中長期的に目指す状態や方向性)を紹介します。
「ワクワク」を、これからの私たちの最も大事な判断軸と定めます。「ワクワク」は、0から1を生み出す原動力であると同時に、多くの人を惹きつける力。そしてi.labの強みは、これまでの10年で創り上げた、閃きを生み出せる独自メソッド。「ワクワク」と「閃き」を組み合わせることで、既定路線ではない創造的な未来へと自社と顧客、社会をスイッチさせていきます。

 

[新ミッション]

私たちは、以下の3つのミッション(=自分たちの使命や存在意義)を掲げる、「イノベーション・デザインファーム」です。

1. 人の創造本能を刺激・開花させる方法を、実践と理論の両輪で探究する先駆者であり続ける。
2. 考察と対話を繰り返し、世界がいまだ気づいていない新たな価値を見つけ出す。
3. 創りたい想いや個性が集うプラットフォームとして、仲間と共にイノベーションを巻き起こす。

 

[代表取締役 横田幸信より]

i.labに関わる全ての皆様のお陰で、10周年を迎えることが出来ました。i.labを代表して、深く感謝申し上げます。
この度のビジョンとミッションの策定に際しては、多くの顧客の皆さん、スタッフの皆さん、アラムナイの皆さん、コミュニティの皆さんに、インタビューやアンケート、議論にお付き合い頂きました。i.labの第2章を考える取り組みに、熱心かつ真剣にお付き合い頂ける仲間がこんなに出来ていたこと、それが、この10年間で一番の喜びでした。

イノベーションの必要性については、世界の中では遅れがちだった日本においても、この10年間で、その機運がだいぶ高まってきました。

未来に目を向けると、地球環境問題や組織の存在意義の変化、人々の仕事観の変化に象徴されるように、事業活動の前提自体が大きく変化する時代に突入しています。そうした世界においては、イノベーションの取り組みテーマは、i.labがこれまで注力してきた新規事業創出・開発に限定されません。

これからは、以下の3つの活動が大事になってきます。
・事業全体を高次元の視点で俯瞰した上での、社会価値と企業価値の全体調和を設計する「サステナビリティ戦略策定」
・会社の垣根をも越えたバリューチェーン全体での業界構造や事業モデル、製品・サービスの再設計を行う「事業再構築」
・変革活動をリードできる人材を育成し、企業の自己変革能力(=ダイナミック・ケイパビリティ)を高める「動的能力の開発」

上記が、これからのイノベーションのメインテーマとなるでしょう。そのような中でi.labは、顧客企業や社会の皆さんと一緒に、人生を掛けてコミットしたくなる、ワクワクする閃きを生み出し、イノベーション活動の爆発的な初速をつけるプラットフォームへと進化していきます。
2021.12.10 Project

「休み方を切り口に考える、with/afterコロナの未来社会」R&Dレポート公開

 



 

 

withコロナ時代に突入して早2年。在宅ワークも増え、「仕事とプライベートの境い目が曖昧になったことで、“休み方”が難しくなってしまった」という方も多いのではないでしょうか。i.labでは、「休み方」を切り口に、COVID-19による中長期的な暮らしの変化を研究し、まとめたレポートの無料配布を、2021年12月10日から開始いたしました。

 

i.labでは、 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によって日常が中長期的にどう性質変化するのか、未来社会の考察を行いました。

まだあまり着目されていない、生活者の「休み」を思考の入口として、既に世界中で着目されている「COVID-19によって社会はどう変化するのか?」というテーマを新規的な観点から洞察。生活者のよりパーソナルな行動・価値観の変化を考察し、さらにその先にある家族や地域、社会全体までを視野に捉えてリサーチを進め、一冊のレポートにまとめています。

本レポートでは、その研究プロジェクトで用いた思考のフレームワーク、創造的な成果物としての未来社会シナリオ、そしてその中であり得る製品・サービスアイデアの紹介をしています。

 

 





 

レポート(PDF形式)のダウンロードはこちら

 

i.labでは、今後も社会変化への洞察を深め、生活者にとっての価値を考察し、レポートとして発信していきます。
2021.11.10 Media

Collaborative DX連載第2回『「安定した職業」の性質が変わる』公開

株式会社ワイ・ディー・シー(略称YDC)が運営するWebメディア『Collaborative DX』にて、「新型コロナを経験した私たちの価値観変化と未来社会の洞察」(全6回)の連載を行っています。

第2回では、未来社会の考察により見えてきた、具体的なトピック「安定した職業」に関する人々の価値観・行動変化についてご紹介します。

第2回記事はこちら
【第2回】「安定した職業」の性質が変わる
2021年11月10日公開(横田幸信 イノベーション・ラボラトリ株式会社 代表取締役)
2021.11.05 Media

JMA GARAGE 連載第5回「未来社会の組織的考察とダイナミック・ケイパビリティ」記事公開

一般社団法人 日本能率協会が運営するWebメディア『JMA GARAGE』にコラム記事「Decade thinking -不確実な未来社会を生き抜くためのコンパス-」(全5回)の連載を行なっています。

本連載第4回目までは、不確実性と複雑性の増すVUCAの時代において、未来社会をどのように考察すればよいのか、その方法論やプロセスについて事例を挙げながら解説してきました。

連載第5回目の今回は、こうした未来社会を組織的に考察する活動が、少し視座を上げた経営戦略の文脈からどのような意義を持つのか、i.labの考えを紹介していきます。

第5回記事はこちら
【Decade thinking(5/5)】未来社会の組織的考察とダイナミック・ケイパビリティ(i.lab inc.)
横田幸信(i.lab Managing Director)
2021.10.15 Media

日経クロストレンド連載:ポーラ研究部門のイノベーション推進体制インタビュー記事公開

i.labの日経クロストレンド連載「イノベーション組織のつくり方」の第5回、第6回、第7回が公開されました。

今回は、ポーラ・オルビスグループ研究部門のイノベーション推進体制を3回にわたって取り上げました。

ポーラ・オルビスグループでは、2018年にグループの研究戦略や次世代ニーズの探索などを手がけるMultiple Intelligence Research Center(MIRC)と皮膚科学やデジタル関連などの最先端技術を研究するFrontier Research Center(FRC)を同時に設立し、両部門が連携しながら新しい価値創出を行っています。

ポーラ・オルビスホールディングスのグループ研究・知財薬事センター担当執行役員の末延則子氏、MIRCのインキュベーションチーム チームリーダーの松本剛氏、FRCのLIFEカテゴリー PRINCIPAL INVESTIGATORの黒住元紀氏、MIRCのキュレーターチーム チームリーダーの近藤千尋氏にお話をお聞きしました。

i.lab側からもマネージングディレクターの横田幸信とシニアディレクターの杉江周平が参加し、皆さんに質問させていただきました。

対談をより楽しんでお読みいただくためにも、第5回、第6回、第7回を通してお読みいただくことをお勧めします。

第5回記事はこちら
「リンクルショット」が変えた、ポーラに学ぶ新規事業開発
2021年10月01日公開(横田 幸信 i.labマネージングディレクター/代表取締役)

第6回記事はこちら
ポーラに学ぶ「ぶらぶら社員」の育て方 社会や文化の情報も収集
2021年10月08日公開(横田 幸信 i.labマネージングディレクター/代表取締役)

第7回記事はこちら
ポーラとANA、島根県が連携 美肌×衛星×観光の新事業を推進
2021年10月15日公開(横田 幸信 i.labマネージングディレクター/代表取締役)
2021.9.06 Media

Collaborative DXに「新型コロナを経験した私たちの価値観変化と未来社会の洞察」連載開始

株式会社ワイ・ディー・シー(略称YDC)が運営するWebメディア『Collaborative DX』にて、連載企画「新型コロナを経験した私たちの価値観変化と未来社会の洞察」(全6回)を開始しました。

本シリーズでは、私たちの暮らしの中の今は小さな行動変化・価値観変化を取りあげて考察を深め、その小さな変化の先にある大きな未来社会への影響を考察します。

今後顕在化してくると考えられる社会課題や新しいニーズ、行動パターンについて創造的な考察を行い、一例として5つの未来社会シナリオを紹介していきます。

連載第1回では、価値観変化と未来社会洞察のプロセスについて紹介しています。今後掲載予定の記事と合わせて是非ご覧ください。

第1回記事はこちら
【第1回】マクロとミクロな視点のハイブリッドで未来社会を洞察する
2021年09月06日公開(横田幸信 イノベーション・ラボラトリ株式会社 代表取締役)
2021.7.13 Media

JMA GARAGE 連載第4回「未来の見取り図 フューチャー・マップを描く」記事公開

一般社団法人 日本能率協会が運営するWebメディア『JMA GARAGE』に、コラム記事「Decade thinking -不確実な未来社会を生き抜くためのコンパス-」(全5回)の連載を行なっています。

本連載第2回の中で、未来を想像するためのインプット情報には、「大枠を想像するための情報」と「細部を想像するための情報」の2種類があることを紹介しました。
第4回となる今回は、主に前者の「大枠を想像するための情報」を活用して未来を洞察する手法である「フューチャー・マップ」をご紹介します。

第4回記事はこちら
【Decade thinking(4/5)】未来の見取り図 フューチャー・マップを描く(i.lab inc.)
島村祐輔(i.lab Business Designer)
2021.6.25 Media

日経クロストレンド連載:LIXIL(リクシル)迎宇宙CTOらとのインタビュー記事公開

i.labの日経クロストレンド連載「イノベーション組織のつくり方」の第3回及び第4回が公開されました。

3回目と4回目は、LIXIL(リクシル)のイノベーションに向けた新しい組織の事例を取り上げました。

LIXILは、2016年にテクノロジーリサーチ本部を立ち上げ、現在はテクノロジーイノベーション本部として事業創出活動を行っています。戦略企画部はCTO(最高技術責任者)直下として、テクノロジーイノベーション本部と連携しつつ、生活者や社会の動きを探り事業部側と情報共有していると聞きます。常務役員CTO&CSO(最高戦略責任者)テクノロジーイノベーション本部リーダーの迎 宇宙氏、戦略企画部リーダーの本村雅洋氏、戦略企画部戦略デザイングループリーダーの桝 泰将氏にお話をお聞きしました。i.lab側からもマネージングディレクターの横田幸信とシニアディレクターの杉江周平が参加し、皆さんに質問させていただきました。

対談をより楽しんでお読みいただくためにも、第3回、第4回を通してお読みいただくことをお勧めします。

第3回記事はこちら
リクシルCTO「イノベーションは共有・共感・共働で生まれる」
2021年06月18日公開(横田 幸信 i.labマネージングディレクター/代表取締役)

第4回記事はこちら
リクシルCTO「新たな価値を見いだせないと企業は存続できず」
2021年06月25日公開(横田 幸信 i.labマネージングディレクター/代表取締役)
2021.6.18 Event

オンラインセミナー『YDC Forum2021』に登壇

株式会社ワイ・ディー・シー(略称YDC)が主催する「YDC Forum2021:顧客価値の提案と競争優位の獲得に繋がるイノベーションの創出」にi.labマネージングディレクター横田幸信が登壇します。

■開催日時:2021年7月16日(金)10:00~16:00
■形式:オンライン
■プログラム:
・社長挨拶:株式会社ワイ・ディ・シー 代表取締役社長 煎谷 輝伸 氏
・基調講演:「製造業の『AI-ready化』に備える」
株式会社New Stories代表/一般社団法人 コード・フォー・ジャパン 理事/東京都、群馬県、その他自治体のDX政策アドバイザー太田 直樹 氏
・特別講演:「イノベーションの思考法:不確実性のある未来社会を捉えた『機会』と『アイデア』の創出」
i.lab マネージング・ディレクター 代表取締役 横田 幸信
・YDCセッション1:「カスタマーエクスペリエンスによる量産型製造業向けSmartFactory」
SmartMFG事業本部 西日本ソリューション部 ITアーキテクト 立石 勇一 氏
・YDCセッション2:「物流のニューノーマルに対応せよ 加速させるLogistics戦略」
SmartSCM事業本部 ソリューション2部コンサルタント 大村 一究 氏
・YDCセッション3:「消費の変革に適用せよ顧客起点の製造業DX『Front-end Innovation』」
共動創発事業本部 シニアシステムアーキテクト 平石 隆洋 氏
・DX推進相談室:視聴者Q&A(LIVE)

■参加費:無料/要事前申し込み
■詳細及びお申し込み:こちらのYDCセミナーサイトより