i.lab i.lab

menu
2016.7.30 Media

『日経デザイン』にインタビュー記事掲載

『日経デザイン』の特集「先端技術×デザインが示すミライのカタチ」に、i.labマネージングディレクター、東京大学i.schoolディレクター横田幸信のインタビュー記事(22-23ページ)が掲載されました。インタビューは「AIでデザインできるようになるの?」という問いかけに答える形で行われました。

-----記事引用-----
ロジックがわかっている以上、アイデアの「発散」は機械に任せればいいのです。・・・中略・・・問題はたくさんのアイデアをいかに絞り込むかの方にあります。どういったロジックでアイデアをふるいにかけるか、何を持って判断するか、といった「収束」の部分はまだ人間が考える必要がある。
実はそこがイノベーションを生み出すときに最も創造的なところではないか、と私は見ています。
--------------------

インタビュー記事はこちら。
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/magazine/ND.html

 

 
2016.7.05 Media

書籍『INNOVATION PATH イノベーションパス』を出版

i.labマネージングディレクター横田幸信が、日経BP社よりイノベーション創出のマネジメントに関する書籍『INNOVATION PATH イノベーションパス:成果を出すイノベーション・プロジェクトの進め方』を出版(2016年7月15日発売)いたします。

現在予約を受け付けている段階ながら、すでにAmazonの経営学カテゴリにおいてベストセラー1位となっております。(2016年7月5日現在)

本書籍は新市場を生み出すような新製品・サービス・ビジネスのアイデアを創出し実現するための「イノベーション・プロジェクト」の進め方について書いたものです。アイデア創出方法の紹介だけに終わらず、「破壊的イノベーション」から「ブルーオーシャン戦略」、「デザインシンキング」などのこれまでのイノベーション・マネジメント手法の全体観と要点を踏まえた上で、創出から実現に向けた実践論を解説していくところに特徴があります。

主に企業における新規事業開発の文脈で参考にしてもらうことを想定しており、ビジネス系とエンジニア系、デザイン系の人材、また経営層と管理職、一般社員の間で「共通言語」のような本になったらと考えております。ぜひお手にとっていただければ幸いです。

ご購入はこちらよりお願いします。
https://www.amazon.co.jp/INNOVATION-PATH-イノベーションパス-成果を出すイノベーション・プロジェクトの進め方-横田幸信/dp/4822235785/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1467472856&sr=1-1&keywords=イノベーションパス
2016.6.29 Media

『日経テクノロジー・オンライン』に対談記事掲載

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科委員長の前野隆司教授からお声がけいただき、東京大学i.schoolのディレクターも務めるi.lab横田幸信がイノベーションや幸福学をテーマに対談を行わせて頂きました。
そちらの記事が『日経テクノロジーオンライン』に掲載されました。
これから4回に渡り記事が掲載される予定です。

対談記事はこちら。
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/091600011/062100014/
2014.12.01 Media

i.lab ニュースレター配信開始

i.labは皆様の暖かいご支援に賜り、2014年12月より4期目に突入いたしました。新年度を迎え、i.labでは、旬なニュースに加え、これまでの新製品・サービス開発支援プロジェクトやイノベーション人材育成プロジェクトを通じて培われてきた実践的知見を「i.lab News Letter」として皆様に定期的にお届けすることにしました。

配信申し込みはこちらよりお願いします。
http://ilab.us10.list-manage1.com/subscribe?u=3fcf8881c167bfe703b599ecb&id=d9db6d2781